山口 和幸 初段(加古川道場)
〜2017年03月05日取得〜


 この度は、公認審査会受審の機会を与えて頂きました大石範士に心から感謝致しますと ともに、初段への昇段のお許しを頂きましたこと重ねて御礼申し上げます。
 また、この公認審査会に立ち会いを頂きました師範、先生方、連続組み手のお相手をし て頂きました師範、先生、黒帯の先輩方、誠に有り難うございました。
 そして、兵庫支部より公認審査会受審へと送り出して下さいました吉崎支部長へも改め て感謝申し上げます。

 この憧れであった極真空手は「空手バカ一代」での一世風靡した時代から知っておりま した。勿論、その人気絶頂であった時代の大石範士のご活躍も目に焼き付いた空手家の おひとりでもありました。
 しかしながら、当時は極真空手の道場も近所にはなく憧れの中で、他流派の空手道場に 通っておりました。 月日が流れ、自分自身も50歳を過ぎた頃に、どうしても憧れていた極真会館の道着に袖 を通したい気持ちが立ち消えず、思い切って門を叩く決意を致しました。
 幸運にも、極真会館大石道場兵庫支部が近隣に存在する事も友人を通じて情報を得ていま したので、体験入門から稽古に参加させて頂きました。 基本稽古や型稽古を非常に重要視されているお話を支部長よりお聞きし何の躊躇いもなく 入門させて頂きました。
 他流派での経験もありましたが、勿論一からのスタートで今までの経験はリセットして 入門させて頂きました。支部長始めとする黒帯の指導員や道場生の先輩の皆様にも温かく 迎えて頂き、非常に稽古に障害なく打込められる環境下にあった事は、この大石道場へ 入門させて頂いた事は決して間違っていなかったと改めて感謝しておりました。
 入門当時は、基本稽古で既に汗まみれに成り厳しい稽古での修行がこの年齢で耐えられる かが非常に不安いっぱいでのスタートとなりました。
 少しづつ稽古内容にも慣れ始めてきましたが、型の奥深さや呼吸法がなかなか身に付かず、 特に昇級審査会では範士からも息吹きについてご指摘を頂き、改めて丹田からの呼吸法を 丁寧にご指導頂きました。
 その後も継続して指導員の先輩方からもご指導も頂きました。 まだまだ、稽古しないといけない息吹です。今後も呼吸法として大切に身に付く様な稽古 に励んで参りたいと考えております。 公認審査会受審をお許し頂いた以降では、稽古終了後にも関わらず支部長より懇切丁寧 に型稽古のご指導頂きました。
 ひとつの型は3000回と大山総裁からの伝承を続けないと身に付つかない事が型稽古を通 して自らの体の軸・バランスの悪さから、身をもって感じています。
 いざ本番の公認審査会では、独特の雰囲気の中で身の引き締まる空気感に圧倒されました。準備運動から基本・型・基礎体力・と続く中で自分自身の力みを感じ、普段の動きが出来て いない自分を感じていました。連続組手においても、同様に全く体が動けずこのまま10人が耐えられるのか不安でした。その中で、お相手して頂いた先輩より激励を受け、お集まり頂いた道場生の皆様からも 温かい激励が、最後まで我慢でき連続組手を続けられたものと感謝しております。
 この公認審査会で自分なりに課題も見つけたように感じました。この課題を、今後の稽古の中で克服して行かないと本当の意味で黒帯を締める価値がない と感じています。
 大石範士から許された黒帯を堂々と締めるために、もう一度初心に返って自分に足りない 課題を克服し、今後も空手道に精進して少しでも大石道場生として、兵庫支部の道場生と して稽古に励んで参ります。
 公認審査会で範士のお言葉の中にありました極真空手の一挙動の技法を自分自身が出来な ければ正確に後輩に伝えられなくなってしまうという言葉には改めて身の引き締まる思いでした。伝えられない技法は消えてしまうとうい事のないように自分自身が忠実にこの技法を身につけて行かねばと感じています。
 最後に、時間を割いて型のご指導をして頂いた吉崎支部長、これまでの極真空手の極意を ご指導して下さった指導員、兵庫支部で一緒に汗を流して稽古に励んで下さった道場生の 皆様に感謝申し上げます。有り難うございました。
 今後ともご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

 押忍