城 涼一  初段(沼津総本部道場)
〜2018年2月11日取得〜


はじめに
先日の公認昇段審査会を文字通り「なんとか乗り切る」ことができました。
大石範士をはじめこれまで指導して下さった方々、現在も指導して下さっている方々、稽古をともにしている道場の方々、当日組手の相手をしてくださった方々、そして審査会の運営に尽力された方々に感謝申し上げます。
また、保護者の方々と道場生の皆様が、誰しもゆっくりしたいと思う休日にもかかわらず、応援に来て下さいました。 誠にありがとうございました。

審査会のための準備
 公認昇段審査会のためにいかに備えるかについては、これまで諸先輩方がレポートの中でとても役に立つ内容を記されています。
私が付け加えることはほとんどないのですが、あえて挙げるなら次の二点です。
先ず、直前期は「過剰な」稽古はしないで休息することが最優先だと思います。
最大限の力を当日に発揮するためには、「適度な」稽古と疲労の回復が必要だからです。次に、当日の会場の様子や気温等の条件を把握して備えることです。特に前日比5度以上の気温上昇の予報を踏まえて開始時間に合わせて食事(炭水化物中心)をとっておく等の準備は有用だったと思います。と偉そうに書いておきながら、私は「直前期」の過ごし方を失敗して、筋肉痛と疲労感を残したままの受審となってしまいました。それでも、範士と同年代の先生が「今日の審査は厳しかった。やり遂げただけでも素晴らしい。」と仰って下さいました。二番目の「備え」だけは悪くはなかったようです。

公認審査会と極真空手、そして大石範士との出会い
 審査会は、範士が受審者一人一人を紹介されるところから始まります。
範士が受審者資料を読み上げられました。「空手歴…東京池袋の極真会館総本部道場に入門…」。これは私の極真空手との出会い、そして大石範士との出会いにもつながる忘れることのできない思い出です。故大山倍達総裁(当時館長)は稽古前に数分間の講話をなさいました。空手の技術・稽古法や諸先輩方の逸話などが紹介される大山館長の講話は、道場生の楽しみとなっていました。
大学一年生であったある日の稽古を終え池袋駅に向かうと、一人の男性が歩いてきます。その男性こそが、「あの切れ味鋭い上段回し蹴りは誰にも真似できないよ。」と大山総裁の講話に幾度も登場した若き大石代悟(範士)でした。恐る恐る「押忍」と挨拶すると、「押忍」と応えて下さいました。
その時の光景は(範士の服装や表情まで)、今もはっきりと私の記憶に刻まれています。

これからの目標 
時は流れ、偶然でしょうか。それとも必然でしょうか。東京総本部時代のことをとても大事に思っておられる大石範士の下で稽古をすることになり、現在に至ります。今回の審査会では思うように動けなかったので、再度挑戦しようと気持ちの整理をしていました。ところが意外にも「昇段」の結果を範士から直々にお知らせいただきました。その時、大山総裁の講話が思い起こされました。「黒帯を獲得したことで空手修行が完了するのではない」「黒帯を得るというのは、城攻めにたとえると、大手門を突破して三の丸の敷地に達したというにすぎない。本丸まではなお多くの困難が待ち構えており、最終目標の天守閣は遥かに高くそびえている…」。
総裁の直弟子である大石範士は、この講話をさらに分かり易く話して下さいます。「黒帯になることは難しくないが、黒帯で在り続けることは難しい」「黒帯としてさらに上を目指すことによって、黒帯で在り続け、同時に健康を維持することができる」。有難いことに、範士は、私にも具体的な目標を設定しつつ繰り返しこのお話をして下さっています。
今回の審査会は、基本から型、組手を含め不本意な結果でした。
確かに、直前期の調整の失敗と故障を抱えていたこともあります。しかし、この結果は(自己管理を含めた広い意味での)稽古が十分でないことによるものです。ですから、大山総裁と範士のお言葉を胸に、さらに上を目指して、 未だ不十分な基本を修得し練度を高めるべく稽古を続けていくつもりです。

おわりに 
身体も頑強でなく運動が得意というわけでもない私が稽古を続けられるのは、範士をはじめ皆様方がおられる御蔭です。特に修正すべき点を丁寧に指摘して分かり易く指導してくださる指導者に囲まれていることを、とても有難く思っています。今回の審査会の自分に満足はできないものの、故障がなければもう少しできそうだという自信も沸いてきました。そう思えるのも日頃指導して下さる範士や先輩方が温かく見守ってくださるからです。
これまで同様に、今後も宜しくご指導ご助力のほどお願い致します。

空手を続けることができる自分を育ててくれた先祖、祖父母と両親に感謝しつつ、筆を置きます。
最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。

(失礼ながら、未だお顔とお名前が一致しない方々がおられますので、お名前を記すことは致しませんでした。)

 押忍