所在地: 三島市北田町3−39 栄光ビル2F
※イトーヨーカドー北徒歩3分

曜日 クラス 稽古時間 指導員
少年・一般部 pm7:00〜8:45 日下部
幼年・少年部 pm5:30〜7:00 斉藤(淳)
合 同 pm6:30〜8:00 斉藤(啓)
 ・入門随時・初心者歓迎
 ・見学・体験入門は自由に出来ます
問い合わせ先
 090-3380-4743 (尾高
 055-923-3996 (総本部)
 
空手を始める人の為に
 
 道場は、誰が上手いか下手か、誰が強いか弱いか、という見た目の比べ合いをする所ではありません。
 年齢性別に関係無く、それぞれの能力・体力・目的に合わせ、体を鍛え心を磨く所。それが道場です。

稽古を通じて精神的に強い人間への成長を目指します

 長い間運動していない、体力に自信が無い方でも、基本から指導します。道場では、各レベルに合わせた指導を行い、仕事や学校の都合で稽古時間に遅れても、参加できます。
 極真空手は、肉体的な強さや技術の習得だけでなく、精神的にも強い人間への成長を目指します。学校や社会で困難にぶつかっても動じない強さ、最後まであきらめない心を養う事にあります。
 
 苦しい時に『あきらめない心』を忘れず、人に優しく自分に厳しく

範士 大石代悟




TV
CM



指導方針
 準備体操から基本稽古、移動稽古と、礼に始まり礼に終わる一連の動作と心構えは、大山総裁から大石師範へと伝えられ、師範から先生方、そして先生方から私達へと伝えられて今日があります。それはこれからも不変のものであります。私の役割は、大石道場の全てを、自分自身が学び深めながら、正しく道場生に伝えてゆく事です。極真空手をやってよかったと思っていただける様に、頑張って指導をしたいと思っています。
 
  道場責任者:
   範士 大石 代悟  (九段)

 
指導員:
   


 岡部 達信 (弐段)
 経歴
  1995年 入門
  2010年3月 弐段取得

   第38回 全日本空手道選手権大会 出場
   2005年 チャレンジカップ21inエコパ
               一般上級の部 第3位
   2006年 チャレンジカップin伊豆の国
                一般上級の部 
優勝
   第15回村正杯極真空手道選手権大会
               一般上級中量級 三位



 斉藤 啓太 (初段)
 経歴
  1998年 入門
  2002年12月 初段取得

   2003年 第2回オープントーナメント
   全日本ジュニア選手権大会
                中学3年の部 
優勝
   2005年 第10回オープントーナメント
   全日本グランドチャンピオン決定戦
         高校2・3年重量級の部 準優勝
   2007年 チャレンジカップin函南
                一般上級の部 
優勝
   第7回山梨県知事杯極真空手道選手権大会
               一般上級中量級 
優勝
   第15回村正杯極真空手道選手権大会
               一般上級中量級 
優勝

 斉藤 淳 (初段)
経歴
  1994年 入門
  2009年12月 初段取得

 チャレンジカップ三島出場
 山梨県大会出場


 斉藤 真太 (初段)
 経歴
  2010年3月 初段取得

   2008年チャレンジカップ沼津
        高校男子の部 
優勝
   2009年静岡県大会
        高校男子の部 準優勝
   2009年山梨県大会
        高校男子の部 準優勝
   2010年第1回東日本大会
        高校男子重量の部 
優勝

 日下部 尚弥 (初段)
   経歴
    2000年 総本部道場入門
    2011年 初段取得
    2012年 大石道場職員となる

第4回全日本極真空手道「型」選手権大会
 一般男子 準優勝
第4回全日本極真空手道「型」選手権大会
 団体一般 優勝・最優秀賞
第45回オープントーナメント全日本空手道選手権大会 三位